風俗の黒い情報を知りたいアナタへ

風俗ゴシップ好きの著者たちが、AV女優・芸能人の黒い噂、怖い話、官能小説、ヤクザ、性病、風俗体験談など気になる裏情報をお届け。

【風俗の怖い話】一度死んだ風俗嬢

この記事は約3分で読めます! 投稿日:2015/10/19 カテゴリー:幽霊 閲覧数:8675
北川景子似の風俗嬢

オカルト大好きの風俗嬢ライター 小野寺みかこです!
今日はお客さんから聞いたちょっと不思議な怖い話をしたいと思います!

【ちょっと不思議な怖い話】一度死んだ風俗嬢

その日お客さんはたまたま競馬で勝って、自分へのご褒美にと吉原の高級ソープへ行ったんだって。
(※ここからはお客さん目線で書いていくね!)

「初めまして~。今日はよろしくね!」
「マミです!こちらこそよろしくお願いします!」

評判の良い新人さんってことでスタッフに言われてたけど、実際に見てみると納得。
ルックスは北川景子似の美人さんで、言葉遣いや仕草もとっても礼儀正しいいい子。
「さすが高級店だな~。来てよかった!」と一人で感動していた。

自己紹介の後は、ソープだからできる即即プレイを体験。
久々の本番と、ソープ嬢のテクニックに酔いしれ、最初からヘトヘトになったww

マミがお風呂の準備をし始めたので、一服しようとタバコを探していると

「あ、タバコないでしょう?セブンスターなら買い置きがあるよ」

とマミが言う。
そんなはずはない。さっき競馬場で買ったばかりだし、まだ数本しか吸っていない。
というか、なんで俺がセブンスターを吸ってるってわかるんだ??

「競馬に夢中になって落としちゃったんじゃない?はい、どーぞ」

そう言って、マミは俺に新品のセブンスターを渡してきた。
とにかくすぐにでもタバコを吸いたかったので、火をつけ一服する俺。

…あれ、タバコもそうだけど、なんで競馬場にいたことを知ってるんだ??

「マミちゃん、もしかしてさっき競馬場いた?」
「え?ううん。出勤途中だったからタクシーに乗ってたよ」

頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになる。
もしかしてちょっとおかしな子なのかな?と思い「すごいねー」と適当に相槌をうち、追及するのをやめた。

その後はお風呂に入り、マットプレイを堪能。
あまりの気持ち良さに、ベッドへ行く頃にはさっきのやり取りは忘れていた。
そして2回目の本番を終え二人でベッドでゆったりしていると、

「あ。地震が来るけどそんなに大きくないから落ち着いてね」

と言うではないか。そしてその直後に、地震。
マミの言う通りそこまで大きくはなかったが、言われなければ慌てて服を着ていたかもしれない。
(裸で死ぬのは嫌だwww)

「なんなの?なんでさっきから色々わかるの?」
「うーん、言ってもいいけど…絶対引くもん」
「引かない!むしろ教えてくれなきゃ怒る!」

未来予知とか霊視ができるとか、そういう不思議な能力が彼女にはある。
俺はそういった超能力に憧れていたから、引くどころか彼女のことをうらやましいとさえ思った。

でも、彼女が言ったのは俺の予想とはまるで違うものだった。

「実は私って今日の出来事を体験してるんだよね」
「え?」
「今日の夜に車に跳ねられて死んだの。なのにまた生き返って、今日を体験してるの。」

背筋が冷たくなった。おいおい、何言ってるんだこの子は。

「車に跳ねられた後、広いお花畑にいたんだよね。そしたら急に明るい光が現れて、私を飲みこもうとしたの。怖くなって、お花畑の暗い方に逃げて逃げて…そしたらまた真っ暗になったんだ。目を覚ましたらタクシーの中だった。時計見たら昼だったから、夢だったのかな?と思いつつ、いつも通りお店に出勤したの。そしたらびっくり!昨日最初に着いたお客さんが入ってきたんだもん。」

そう言ってマミは俺を指さした。

「それ…俺のこと?俺はマミちゃんと会うの、今日が初めてだけど…」
「うん。最初はリピートしてくれたのかと思ったけど、初めましてって言うからさ。嘘ついてるように思えないし、昨日と全く同じ行動してるし…。あ、これは昨日を繰り返してるんだなってわかった」

するとそこでコールが鳴った。終了5分前と言う合図だ。

「あ、時間だ。じゃあシャワー行こう。奥さんにバレないように、石鹸なしだよね!

もうわけがわからなくて、俺は曖昧に笑うしかなかった。

俺がそのお店に行ってから1か月後くらいに、お店の在籍一覧から彼女の写真は消されていた。
彼女の言っていたことが本当かどうかわからないけど、今もどこかで生きていたらいいなって思ってる。

****

時間をループしちゃう話はけっこうあるけど、こんな身近に起きるなんて驚きだった!

在籍写真が消されちゃったっていうのは不安だけど…事故に遭った時に別の場所にいればいいわけだから、きっと今も生きてるよね!
でも映画の「ファイナル・デスティネーション」みたいに、死ぬ運命から逃れられないとかあるのかなぁ。

マミさん、もし生きてたら連絡ください~(´;ω;`)

コメントを残す