風俗の黒い情報を知りたいアナタへ

風俗ゴシップ好きの著者たちが、AV女優・芸能人の黒い噂、怖い話、官能小説、ヤクザ、性病、風俗体験談など気になる裏情報をお届け。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

風俗嬢との恋 5 ~意を決して告白した結果~

この記事は約2分で読めます! 投稿日:2016/1/17 カテゴリー:風俗嬢との恋 閲覧数:15082
風俗嬢に告白した結果

メール交換をした次の日。
僕は彼女が自宅に来るのをいそいそと待っていた。

正直、今日の料金を払ってしまったら、給料日までの生活が苦しい。

それでも、僕はどうしても姫子ちゃんに会いたかった。
この気持ちを抑えることができなかったんだ。

でも平社員の僕にとって、風俗に行くのは大きな出費。
できることなら姫子ちゃんとプライベートで会いたい。

そんな悶々とした気持ちを抱えたまま、姫子ちゃんを出迎えた。

姫子ちゃんの画像

「チョコおじさん!すっごく会いたかったです!」

そう言って玄関で濃厚なディープキスをしてくれた。
僕は我慢できず、姫子ちゃんの胸を揉み始める。

今日はなんだか興奮が止まらなかった。
しばらくの間、玄関でお互いの体を触り合っていた。

「うふふ、今日のチョコおじさんは積極的!」

そう言うと姫子ちゃんは僕のズボンを脱がせ始めた。

「シャワーの前に1回抜いておきましょうね」

普段の僕なら止めているのに、今日は彼女にされるがままになっていた。
彼女とエッチなことをしたいと言う気持ちが理性を失わせていたのだ。

「うふふ、こんなに大きくなってる!いただいちゃいますね♪」

玄関でのフェラ動画

彼女の濃厚なフェラに、僕はあっという間にイカされてしまった。
抜いてもらってようやく冷静になった僕は、そのまま姫子ちゃんとシャワーへ。

風俗嬢とシャワーの画像

いつも通り体を密着させて、丁寧に僕の体を洗ってくれた。
もう4回目なのだし、そろそろ慣れても良い頃のはずなのに、
僕は姫子ちゃんといると胸がドキドキしっぱなしだった。

間違いなく僕は姫子ちゃんに恋をしている。
僕は自分の気持ちを彼女に伝えると決心して、二人でベッドへ向かった。
姫子ちゃんがベッドへ横になろうとしたのを制止して言った。

「僕と付き合ってくれませんか?」

彼女は怪訝な顔をした後、黙ってうつむいた。長い沈黙が続いた。
もしかすると数十秒ほどだったのかもしれないが、僕には数時間もの長さに感じた。

すると彼女はふいに顔を上げてこう言った。

「私はまだこのお仕事を続けないといけないんです。だから誰かと付き合うとかそういうのは今は考えられません」

頭を殴られたような衝撃だった。
決死の告白だったけど、僕はフラれた。フラれてしまったのだ。

それからのことは記憶があいまいだ。
意識がはっきりした時には彼女はいなくなっていた。

僕は彼女のことを思って、部屋で一人むせび泣いた。

つづきはこちら!

6話目【風俗嬢との恋6 ~彼女からのアプローチ~

コメントを残す