風俗の黒い情報を知りたいアナタへ

風俗ゴシップ好きの著者たちが、AV女優・芸能人の黒い噂、怖い話、官能小説、ヤクザ、性病、風俗体験談など気になる裏情報をお届け。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

【風俗の怖い話】風俗嬢の幽霊とセックスした話

この記事は約2分で読めます! 投稿日:2016/6/29 カテゴリー:幽霊 閲覧数:14759
幽霊のフェラ

オカルト大好きな風俗嬢ライター、小野寺みかこです!
今回は私が働いている風俗店の店長から聞いた怖い話を皆さんにしたいと思います。

店長が風俗業界に働く前、お客さんとして風俗店へ通い詰めた時に体験した話なんですって。
かなり怖い思いをしたみたいなので、風俗をよく利用する人は覚悟して読んでね!

【怖い話】風俗嬢が幽霊だった話

当時俺はすっかり風俗にハマってしまっていて、毎週のように利用していた。
その日もいつも利用しているお気に入りのデリヘルを予約。
指名している女の子が急にお休みになったらしく、仕方なくフリーで頼んだ。

すると数分後。
俺のいるホテルに一人の女がやって来た。

風俗嬢の幽霊

髪が長く、なんとなく陰気な感じのする女だった。
俺の好みではなかったが、店長と仲良くなっていた俺はなんとなくチェンジすることが阻まれたため、彼女の部屋へ招き入れた。

すると特に挨拶もなく彼女は一人シャワーへ。
一緒にシャワー浴びないのかよ!と心の中で突っ込む。
でも俺は小心者だし、女がちょっと不気味だったため特に何も言えない(笑)

あとで店長にそれとなくクレームを入れておくか。
とりあえず今はすることできればそれでいいや。

そう諦め、女と交代でシャワーを浴びていざベッドでプレイを開始。
バスローブを脱がせ、キスしながらおっぱいやおまんこをいじった。
しかし、女は喘ぎ声ひとつあげさえしない。

なんだよ、サービス悪いな。演技でもいいから声くらい出せよ…。
そう思いながらも今度はシックスナインの体勢になってクンニする。
やや反応があったため、すこし積極的に責めてみた。

するといきなり

うおおおおおお!!!うおー!!!!

と雄叫びをあげたと思ったら、すごい勢いでフェラをする女。

幽霊のフェラ動画

その様子を見ているととても気味が悪かった。
もうお金なんてどうでもいいからキャンセルしようかとも思った。
しかし明らかに普通の様子じゃない女にビビった俺は、何も言い出せない。
しかもこんな異常な状態なのに、アソコはしっかり勃起してるのも情けなかったw

すると今度は俺を無理やり押し倒し、騎乗位の体勢で強制挿入された。

「えっ!ちょ、挿入は…!」

と言おうとしたが、女はまた「うおー!うおー!」と雄叫びをあげながら上下に動き始めた。
しかも女の顔をよく見てみると…

幽霊の騎乗位

顔がない!!!!

俺、絶叫。女も雄叫びし続ける。
かなりカオスな状態だったと思う。

そんな状態ながらもなぜか俺のアソコは射精してしまい、女の子宮に精液をぶちまけた。
すると女は雄叫びをあげたまま裸で部屋を飛び出してしまった。

ポカーンとしていると、部屋をノックする音が聞こえた。
まさかまたあの女が帰ってきたのか!?と思い身構えたが、やってきたのは可愛らしい女の子だった。

「初めまして!○○店から派遣されました。今日はよろしくお願いします!」

………。
俺が予約をしたのはこの子だった?
とすると、さっきの女は…。

俺は急いで店長に電話して確認。
パニックになりつつも俺は今起きたことを一生懸命店長に伝えた。すると

「すごく言いづらいんだけどその女、幽霊ですね。青白くて髪の長い女なら間違いありません。挿入するとのっぺらぼうになりませんでした?このエリアの風俗じゃ有名な化け物なんです」

俺、呆然。

「まぁでもその化け物とセックスしたからって死んだ人はいないと思うので、大丈夫ですよ!でも念のためお祓いには行っといた方が良いかもしれないですね」

その後、あまりにビビっていた俺を気の毒に思ったのか店長はお祓いについて来てくれた。
ますます意気投合した俺たちは友達になり、俺も彼と同じ風俗業界の門を叩いた。

***

「あの女と会わなければ今こうして風俗業界で働いていることもなかっただろうし、俺にとっては良い幽霊だったのかもしれないwww」

そう言ってガハハと笑う店長を見て、本当にメンタルが強い人だな~って感心しちゃった!
店長は今も風俗が大好きで、休みの日は毎回風俗店に言ってるんだって(笑)
みかこなら、そんな目に遭ったらもう二度と風俗店を利用しなくなっちゃうかも…!

ちなみにこの幽霊、今もたまに出没してるみたいなので皆さんもお気をつけて!